映画監督の紀里谷和明氏が新たに手がける作品 『新世界』の制作にGACKTの参加が決定!

『新世界』は、2020年6月に制作を発表した紀里谷和明氏が長年にわたり企画構想を温めてきた近未来の東京を舞台にした作品。
劇中には、戦国時代に名を馳せた誰もが知る歴史上の人物たちがモチーフとなった個性豊かなキャラクターが登場、アニメ先進国である日本の高い技術を生かして、これまで誰も見たことのない映像世界で新しい表現に挑戦する作品。

現在、その第一歩となるパイロット映像制作(約90秒)のサポーターを募集するクラウドファンディングプロジェクトが「Makuake」で進行中。

本プロジェクトでは、クリエイティブ業界の環境やそのあり方について問題意識をもつ同氏が「クリエイティブの復興」を掲げ、制作の過程や発表、マネタイズまで、新しい形での作品づくりを通して芸術の本質を問いかけることを目指しています。
このたび、この想いに賛同したGACKTが本作品制作に参加しすることが決定いたしました。
なお、どのような形で作品に参加するかなど、詳細に関しては追って発表予定です。


<GACKTコメント>
世界中が混沌の淵にある。
そんな中で、こういった質の高い芸術が日本から生み出されることにボクGACKTも心打たれました。
ともすれば地球上からエンターテイメントが消滅しかねない状況でクリエーターやアーティストが立ち上がり、力を結集させて、そしてそれを支持するサポーターたちが立ち上がってくれる。
ただ観衆になるだけでは無く、誰もが一緒に創り上げてゆく。
盟友・紀里谷監督だからでは無く、この作品の在り方に対して、ボクもひとりの日本人アーティストとして参加します。


『新世界』のクラウドファンディングプロジェクトは「Makuake」にて2020年6月10日(水)より8月10日(月)まで実施しており、1,300万円の目標に向け7月27日(月)時点で約830万円を集め、目標達成に向け、引き続き支援を募っています。
このたび、GACKTの参加が決定したことを受け、本プロジェクトでは、本日より新たに、4つのリターンを追加。

■ プロジェクト追加リターン

①GACKT登場シーンの劇中カットポスター
内容:GACKTのキャラクター登場シーンの劇中カットポスター(B2サイズ)を郵送にてお送りします。
金額:1万円(税込)

②GACKTのサイン入り登場シーンの劇中カットポスター
内容:本人によるサインが入ったGACKTのキャラクター登場シーンの劇中カットポスター(B2サイズ)を額装し、郵送にてお送りします。
金額:5万円(税込)
個数:10個限定

③『新世界』 絵コンテ
内容:『新世界』の絵コンテを郵送にてお送りします。
金額:1万円(税込)

④紀里谷監督との1on1セッション(60分)参加&エンドロールクレジット
内容:10,000円コース、20,000円コースのリターンに加えて、紀里谷監督とのオンラインでの
   1on1セッション(60分)に参加いただけます。好評完売につき、5個限定で追加いたします。
金額:5万円(税込)
個数:5個限定(追加)
 
■ プロジェクト概要

タイトル:紀里谷和明監督作品『新世界』サポーター募集
実施期間:2020年6月10日(水)〜8月10日(月)
目標金額:1,300万円
目的:『新世界』パイロット映像(約90秒)の制作
URL:https://www.makuake.com/project/shinsekai/

■『新世界』について

全国を襲った大規模な震災が引き金となり、国のシステムが崩壊した近未来の日本。スラムと化した街には犯罪者が溢れ、8年にも及ぶギャングの縄張り争いが全国各地で激化していた。

中でも浅井、徳川、今川、斎藤を傘下に収める最大の勢力・武田信玄は、今や警察はもとより政界にまで影響を及ぼすほどの力を手にし、影から国をコントロールする存在となっていた。

理想の新世界を求め覇権争いに身を投じる織田の若きリーダー・信長は、襲いかかる今川を返り討ちにすると、続いて斎藤への奇襲にも成功する。これを機に、武田の「奴隷」として生きて行く事に葛藤を覚えていた徳川家康は、幼なじみでもあった信長からの誘いに応え、武田を裏切り共に歩む事を決意する。